A-O-TAKEの隠し部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS おとボク2 用語事典 は行

<<   作成日時 : 2001/04/18 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 1


おとボク2 用語事典 

処女はお姉さまに恋してる 2人のエルダー 用語事典

ダイレクトに来た人は、一度目次へと戻って注意事項を読んでください。よろしくお願いします。
目次はこちら

あ行か行さ行た・な行/は行/ま・や行ら・わ行



**********  **********



パースニップ[parsnip]
アメリカポウフウ。セリ科の二年草。ニンジンのような肉質の白い根があり、そこを食用とする。香りがよくて瑞々しく甘いが、やや苦味がある。うす切りにしてローストや煮物に使用する。


バーナム効果[Barnum effect]
占いや検査結果などで、誰にでも該当しそうな曖昧な記述を「自分だけに」当て嵌まる正確な結果だと捉えてしまう心理効果。分析者に対する信頼度の高さや、分析結果がポジティブな内容である時に発生しやすいと云われている。


場当たり[ad hoc]
その場の思いつきで当てこみをねらうこと。


バイオリズム[biorhythm]
生体には個別に好調不調の周期があるとして、人間の知性、感情、身体の変化の周期を三つの曲線として表す疑似科学、運命判断の一種。


ハイカラ[High-collar]
語源は明治洋装男子の流行であった高襟のシャツ。開国主義者や進歩主義者の気障な感じに対する冷評としてのこの言葉は、やがて進歩的、お洒落といった肯定的な意味合いへと転じた。現代では寧ろ「レトロっぽい」センスを指す語であると云える。


馬耳東風[turn a deaf ear to one's advice]
馬の耳に東風が吹くという李伯の唐詩からの成語。東風が吹くと人は春の到来を喜ぶ物だけれど、馬にはそのような感情は理解されない。転じて、人の話や意見を無感動に聞き流してしまう事。


バスク地方[Basque Country]
仏西両国にまたがって存在する、バスク人の故国であった地域のこと。料理などでも独自の文化を持っている。


蓮葉[frivolous]
はすっぱ。女性の態度や行いが軽はずみで落ち着きのないこと、また浮気で身持ちの定まらないこと。また、そういう女性のこと。


裸ワイシャツ
香織理の寝巻き姿。千早が健康診断のときの服装でもある。
余談だが、千早の「絶対領域」はなんとも云えず艶っぽい、とはクラスメートの言。


撥雲尋道
修身室に掛けられている書。雲を撥(はら)いて道を尋ねる。李白の尋雍尊師隱居(雍尊師の隱居を尋ねて)という題の五言律詩の一節「撥雲尋古道」から。


発破[urge]
土木工事や鉱山等で、爆薬を仕掛けて爆破すること。またそれに掛けて、強い言葉で鼓舞、扇動したりする。気合を入れることの比喩。


破天荒[unprecedented]
天荒を破る。つまり、開闢前の天地を破るかのように、今まで誰もしなかったことをすることの喩え。


鼻血[a nosebleed]
医学的には鼻出血と呼び、鼻腔からの出血のことを云う。ほとんどの鼻血は鼻中隔の前方、毛細血管の集中するキーゼルバッハ部位(鼻腔の奥にある、指先で触れることの出来る中央の硬い部分)からの出血によるもの。


花を摘む[Nature calls me.]
「お手洗いに行く」と云うことに対する古典的な隠語表現。男性の場合は「雉を撃ちに」、英語だと「自然が呼んでいる」となる。
ちなみに、「録音」(=音入れが転じておトイレ)なんて言い方もあったりする。


PSP
パブロフの犬[Pavlovian reinforcement]

ロシアの生理学者イワン・パブロフが行なった有名な実験。
犬にベルを鳴らしてから餌を与える事を繰り返して唾液の出る量を観察した結果、ベルを鳴らしただけで餌を見る前に唾液を出すようになった、というもの。


PSP
パラドックス[paradox]

逆説。一見真理に反するように見えて、熟考すると一面の真理を表している説。
「負けるが勝ち」や「急がば回れ」と云った類。もしくは逆に、ある命題から正しい推論によって導き出されているように見えて、結論で矛盾をはらむ命題のこと。


針のむしろ[a bed of thorns]
針を植えたむしろのように極めて居心地の悪い場所、という喩え。苦痛極まりない所。


バリカタ[very hard]
「とても硬め」博多/長浜ラーメンのみに於いて通用する麺の茹で加減の指定方法。「硬め」よりも更に茹で時間が短く、若干芯が残るくらいのパリパリ感を味わえる。ちなみにこの上は更に店舗ごとに「ハリガネ」「湯気通し」「生」などの硬さが存在する。
薫子が史の喋り方を「バリカタ」と評した。史は基本誰に対してもバリカタで、理由は「この喋り方しか学ばなかった」から。


バレンタイン
下級生が植え込みの中に隠れてお姉様を待つのが、聖應女学院の伝統。
二人のエルダーでは、二人の机に積み上がったチョコで凱旋門が作られた。
ちなみに、伝説のケーキは六段重ね。


**********  **********



PSP
ビーツ[Beetroot]

西洋赤蕪、火焔菜などと日本では呼ばれるが、アカザ科の根菜であるのでカブの仲間ではない。食用にする根の部分は深い赤紫色をしており、野菜の中では最高度に近い糖分を含んでいる。


ピカタ[伊:piccata]
うす切りの材料に塩や胡椒などで下味をつけた物に小麦粉をつけ、パルメザンチーズを混ぜた溶き卵を絡ませてソテーにした料理。


ビスケットアイスサンド
史のエネルギー源。CG上では机の上に11個、山積みにされている。千早がコンビニに買い出しに出た時、史は5個買ってくるように頼んでいたが……一日分なのだろうか。


ピタ[pita]
平たく円形のパン。中が空洞のポケット状になっていて、中に野菜や肉、ソース、豆類などの具材を挟み、サンドイッチとして食する。


逼塞[deadlock]
八方塞がりになって、どうしようもないこと。


人は、自分を良く見せたいという欲求を持っている
塞が香織理に対して言った言葉。
ケイリルートの後だと、塞がこの台詞を言うことが意味深に感じられるはず。


夕日のあたる教室
「ひのあたるへや」と読む。梶浦緋紗子が小説家としてデビューした時に書いた本。ペンネームは「上村緋紗」。


姫檜扇[Anomatheca laxa]
アヤメ科の春から夏に掛けて開花する植物。桃色、若しくは白色の六枚花弁の花をつけ、下三枚だけに赤い斑がある。


PSP
ビロード[velvet]

西洋から舶来したパイル織の一。縦横いずれかに針金を織り込んで、織った後にこれを抜くことにより、リング状になった織毛を切り取って毛を立たせたもの。ベルベット。天鵞絨。天鵞とは中国で白鳥の意。


紊乱[corruption]
秩序などが乱れること。


**********  **********



PSP
フィキサチーフ[Fixative]

絵画用定着剤。木炭や鉛筆などで描いた部分を保護し、線の掠れやキャンパスからの剥離利を防ぐ効果がある。


フェンシング
過去、薫子と上級生が奏を賭けて決闘した時の競技。この一件を経て、薫子は「騎士の君」の二つ名を贈られることになった。
かつては女子のフェンシングと言えば「フルール」だけであったが、現在は「エペ」「サーベル」も競技することが可能。
薫子が戦ったのは「エペ」で、これは西欧での決闘が元になっている競技である。どこを突いても得点となる競技の為、素人でも勝敗が分かる。


フォックス・ハンティング[Fox hunting]
一定範囲内を移動する無線送信機を狐と見立て、受信機の反応を駆使して追跡する技術、若しくは無線愛好家などの間で行なわれるその腕を競う競技のこと。
それにしても、史のネット仲間は一体どういうメンバーなのか?


PSP
藤沢周五郎生誕百年記念ドラマ・新春特別時代劇スペシャル『赤ひげの一分』

優雨が正月に見たTVドラマの題名。この長さを完全に記憶しているのは凄い。優雨の母柊亜希子が出演したので、母親と一緒にこのドラマを見たとのこと。
元ネタは「赤ひげ」と「武士の一分」……盲目の侍が小石川養生所で医者をする話だろうか。


武士道[Bushido]
日本封建社会に於いて、武家階層に発達した道徳。「君に忠を、親に考、自らを節し、下位の者には仁を以てし、敵には憐れみを、私欲を忌み、公正を尊び、富貴よりも名誉を尊ぶべし」等の徳目がある。


藤原伊周[Fujiwara no Korechika]
974-1010。関白道隆の第二子。叔父道長に出世争いで敗れた後、花山法皇に対しての不敬を問われて太宰権帥に左遷された。


藤原道長[Fujiwara no Michinaga]
966-1027。平安中期の貴族。兼家の第五子に当たる。藤原氏全盛時代の氏宗で、自らの娘を次々と時の天皇の后として嫁し、天皇家の縁戚となって強大な権力をほしいままにした


史が一晩でやってくれました
勿論、デスノートのパロディである。
監視カメラを仕掛けたときの報酬は、史の好物のビスケットアイスサンド。


PSP
フラッペ[仏:frappe]

フランスでは砕いた氷を利用して冷やした飲料全般を指す言葉だが、日本では従来のカンナ刃を使って薄く削るかき氷と異なる、より粗く削った噛み心地のある粒氷を使った氷菓子の名称だった。現在では旧来のかき氷とほとんど差別化は行なわれていない。


フランク[frank]
率直な、ざっくばらんな。古代ガリア地方(フランス近辺)に於いてフランク族が自由民であったところから由来。


ブランダー[Blunder]
「大失敗」「不覚、不手際」の意。チェスにおける決定的な悪手のこと。基本的には、不注意によって引き起こされる取り返しの付かない一手のことを指す語。


「ふりーだむ」
雅楽乃がバージョンアップした姿。広げるのは妄想の翼なあたり、色んな意味でフリーダムです。


プリマヴェーラ[伊:Primavera]
イタリア語で春、春の精の意。陽気な性格である春の妖精は、一方では奔放、不謹慎な女性の揶揄として用いられることがある。


ブルネット[brunette]
皮膚や目、毛髪などが褐色であること。または、そのような女性を指す言葉。


PSP
ブレイクスルー[breakthrough]

打開できないような現状に対する、今までに思い付かなかったような展開、発見、構想のこと。


風炉/ふろ[brasier]
茶道に於いて、茶釜を火に掛けて湯を沸かすための炉。
茶道部で使われている物は電磁式。


プロム[prom]
プロムナードの略語だが、米国やカナダの学校卒業時等に行なわれるダンスパーティーを指す。男女ペアでの参加が原則であるため、男子が目当ての女子を誘うイベントとして重要視される。


**********  **********



ペスカトーレ[伊:pescatora]
イタリア料理に於ける魚介とトマトソースの組み合わせの総称。ペスカトーレは「漁師」の意で、売り物にならない魚などをまとめてごった煮にしたものがその始まりと云われる。国内では「漁師風」とも訳される。


………………へっ?
聖應に編入しろと言われた時の千早の反応。
純度100%の女子高に編入しろと言われれば、誰でも思考停止するだろう。
なお、雅楽乃に迫られた時は「……は?」である。


変葉木[羅:croton]
クロトン。マレー原産の低木で、トウダイグサ科の観葉植物。葉は卵形または線形で厚く、様々な色が混じり美しい。


ヘンルーダ[蘭:wijnruit]
地中海沿岸地方の原産のハーブで、ローマ時代から魔除けの効果があると信じられている。旧来は料理の香づけにも使われていたが、微弱な毒性が発見され、今はほとんどその用途には使われていない。


**********  **********



ポーカーフェイス[Poker face]
感情を表に出さない無表情な様子、若しくはとぼけた様子のこと・良い手が来たときに表情に出ないようにという作戦から生まれた言葉。


萌芽[beginning]
芽の萌え出ること。若しくはその暗喩として物事の始まり。前兆の意味を表す。


琺瑯[enamel]
金属の素地、主に鋼板などに釉薬を塗って焼き、ガラス質に買えて表面を覆ったもの。ホーロー。食器や看板の防錆や、七宝焼きのような装飾などを目的とする。琺瑯引。瀬戸引。エナメル引などとも称する。


ポトフ[仏:potaufeu]
フランスの家庭料理の一つで、鶏肉や牛肉の塊と野菜などを水から煮込み、スープと肉・野菜をそれぞれに食べる料理。


ホルターネック[halterneck]
裁ち出された布あるいはひもを、後首で留めたり結んだりするデザイン。そのため胸や背中が露出する、イブニングドレスに多いデザイン。


PSP
ボルシチ[borshch]

ビーツ(西洋赤蕪)などの野菜や肉を使って作る、ロシア地方の赤色のスープ。この地方のお袋の味と云われる程、使用される材料、調理方法とも多種多様だが、基本的には最後に必ずスメタナ(サワークリーム)を加えるのがどの地方も共通である。



 

処女はお姉さまに恋してる 2人のエルダー 用語事典

あ行か行さ行た・な行/は行/ま・や行ら・わ行

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
人は、自分を良く見せたいと…の説明部分の名前が「賽」→「塞」
Leon
2011/11/07 21:10
おとボク2 用語事典 は行 A-O-TAKEの隠し部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる